自分の家を建てるための準備をしよう

家を建てようと思ったとき、いくつか準備をすることがあります。まず1つはどんな家を建てたいのか情報を入手すること、2つ目は不動産会社へ行き、家を建てるのに都合の良い土地を紹介してもらって実際下見をしてから家を建てるようにしましょう。

家を建てる際に知らないとトラブルに繋がる借地権

借地権に関してのトラブルが意外にも多いです。借地権のかかっている家は、地主の許可なく家を売買することや建て替えることは禁止されています。また、土地の値上げを勝手にされたり、借地権を売りたくても地主が承諾をしたりしてくれないというトラブルがあります。

意外と知られていない違いを比較!借地権と旧借地権の違い

借地権とはどういうものなのか?

借地権は存続期間というものが存在します。この存続期間ですが新法では建物の種別に関係なく、一律で30年と定めています。この期間を延ばしたいとなった時、当事者同士間でこの期間を自由に定めることが出来ます。

旧借地権とはどういうものなかのか?

旧借地権の場合、建物の種類によって変わってきます。堅固な建物とそうでない建物の2つに分かれますが、堅固な建物の場合は石造りやレンガ造り、土造にコンクリート造、ブロックや鉄筋コンクリートが該当します。最低存続期間は堅固建物なら30年、非堅固建物で20年と定められています。

家のことはその道の専門家である不動産会社へ相談を!

女性

どういった家が完成するかを住宅展示場で直接確認してみよう

家を建てるとき、肝心なのはどんな家が建つかです。図面や模型で説明はしてくれますが、実際に家を見ないとわからないことはたくさんあります。そんなときは住宅展示場へ足を運びましょう。住宅展示場なら、広い敷地内に様々なハウスメーカーの家が立ち並んでいるので、家を建てるときのイメージも沸いてきます。また外見は似ていても内部の機能や構造はハウスメーカーによって異なる為いろんなハウスメーカーを回るようにしましょう。

積み木

住宅のことで疑問に思ったことは不動産に問合せるといい

住宅を建てるうえで、疑問を抱くことはあります。まずわからないことがあった場合、どんどん不動産会社へ問い合わせをしましょう。家を建てる際にトラブルになるには、自分が思い描いていたイメージと出来上がりのイメージが異なり、トラブルになることがあります。こんなはずではなかったと、完成してから公開をする前にきちんちわからないことは不動産会社もスタッフへ問い合わせをしましょう。

間取り

大切な家を作るための準備は妥協してしまうともったいない!

家は人生の中で最も大きな買い物です。家は家族を守る大切な役割を果たすので、準備段階で妥協してしまうのはもったいないです。まず、自分がどういった家にしたいか家族でじっくり確認をすること。大幅値引きをする会社は安い素材を使い、脆い家となります。デザインも自分が納得するまで何度も練り直いし、どんな機能を重視したいのかも家を決めていく上では重要なポイントとなります。

アパート買取を成功させよう