>Utility>空き家の管理をすれば危険を避けることが可能

空き家の管理をすれば危険を避けることが可能

空き部屋

自分達が所持している空き家が管理できない場合は業者に依頼しよう

家は誰も住まず放置されている年月が長ければ長いほど脆くなっていきます。また、空き家を犯罪に利用する人もおり、子供が住んでいる地域では治安の悪化が懸念されます。そうならないためにも空き家の管理が出来ない場合は、空き家の管理を行う専門業者へ依頼をしましょう。依頼主の代わりに空き家に管理を徹底的に行うので次の人が入ってきても安心です。家がボロボロになって倒壊の危険も回避でき、防犯対策にもなります。

空き家をそのままにしていては危険といわれる理由

空き家

強風や地震が原因で倒壊の危険がある

長い間空き家となっていた家は、柱や壁が腐っています。そのまま放置し続けると強風や地震で家が倒壊してしまい、周囲にいる人がけがをしてしまう恐れがあります。瓦屋根も飛んでいき、建物を壊すなど二次被害も考えられます。

不審者が侵入して犯罪に利用されることも

近年外国人の不審者が空き家へ侵入してしまい、その家が犯罪で悪用されるケースは増えています。ガラスを割って中へ侵入し、犯罪行為を行っているので、看板を設置したり貼り紙を使用したりして警告をするようにしましょう。

雑草が生い茂り隣の人とトラブルになります

長年管理をしていない家の庭には雑草が生い茂っています。雑草が生い茂った家は様々な虫が寄ってきてしまうので、それが隣の家とのトラブルを招く引き金となります。きちんと雑草を処理することで虫は寄ってこなくなります。

カビが発生して脆い家になってしまいます

換気をしないと室内に水分が溜まってしまい、カビを発生させる原因となります。更に雨漏りがしている家は、壁や柱に床が腐って倒壊の危険性を高めてしまいます。月に1度は換気をして、雨漏りがあれば直ちに修復をしましょう。